住んでない家の温度調査 house-A2

R4.12.28(水)[晴れ]

本日は、6月に引き渡しさせていただいた那須町のセカンドハウスhouse-A2にお邪魔し、普段住んでいない住まいの室温上昇を調査して参りました。

と言うのも、完成後初めての冬、かつ、生活熱0の冷え切った住まいは、暖まるのか?
現在、海外(温かい国)在住のお施主様が、長期休みで那須にいらした時に寒くて不快にならないか?何の位の室温で、暖まるのに何の位時間を必要とするのかお伝えしたく、検証にお邪魔いたしました。


↑那須は真っ白でした

UA値0.32W/(㎡・K)
外気温3℃[am10:00]
室温4.7℃
湿度49%
壁の表面温度6.1℃
床の表面温度5.1℃
室内の感想、”激寒””太陽って温かい”

エアコン32℃パワフル運転にて30分で8℃
→40分で10℃→1時間で11℃→2時間で17℃
→約4時間で24℃→約6時間で26.7℃と言う結果になりました。

やはり暖まるのに時間がかかりますね。
想像つきましたが、具体的な時間目安がつかめたのは良い収穫になりました。

現在のエアコンは、スマホにて遠隔操作ができる機種が多く存在します。
冬に那須の住いへ来る4時間前にエアコン運転を開始していただければ、
到着時には、暖かい室温になっている事をお伝えできるようになり、
とても良い検証になりました。

窓の表面温度の写真ですが、

[APW430 障子の表面温度]
測定開始時ですが、太陽の影響を受けているのですね。
床や壁より全然高い。


[木製テラス戸 障子(唐松)の表面温度]
太陽の影響なのか、樹脂窓の障子の方が温度が高かったです。
方位、時間帯、その他の条件で変わってくる数字ですね。


意匠と性能の両立した住い…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

house-A2 竣工写真

R4.12.16(金)[晴れ]

R4年6月に完成した那須町のセカンドハウス
house-A2の竣工写真が出来ました。

林の中に佇むセカンドハウス

 林の中に佇むファサードは、窓を整理し、無機質な鋼板とモルタルで構成する事で、立木を写すキャンパスとした。季節ごとに表情を変える木々が画かれるファサードは、時折々の建物をデザインする。

 立木の間を歩みすすめ、内部空間へ足を踏み入れると、どこまでも続く木々と遠方へ広がる山々が目に飛び込む。下がり傾斜の景色を大開口の木製テラス戸を通し取り込んだり、開口する事で内外の空間を曖昧に繋げる空間を計画した。

 外観デザインは木々を写し、内部空間は木々を取り込む。
内外共に季節を感じる心地良いセカンドハウスが完成しました。









意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://www.souemon.net

 

撮影/house-A2

R4.11.9[水]晴れ

昨日[11.8]は、見頃を迎えた紅葉の中、
6月に引き渡しさせていただいた那須町のセカンドハウス
house-A2の撮影に行って参りました。

カメラマンの新田さんは毎回進化する!
今回は、スチール撮影に加え、ドローン撮影+室内ウォークスルー動画も撮影。
納品が楽しみです。


[撮影風景を撮影]


[ドローン撮影]


[リビング入口]
頂側窓から差し込む日差しが綺麗でした。

撮影:kazufumi nitta photography


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

ファサードとパーソナルSP

R4.5.25[水]晴れ

那須町の住まいhouse-A2


〈ファサード〉
森林空間にひっそりと佇むファサード…
計画通りのフォルムが間もなく完成。

窓が散らからないよう、
部屋の使い方を考え、
役割有る必要な窓を精査し、
ファサードを計画。

いつも通りの考え…
閉じる→開く!の “閉じる” 面。

外部仕様:
・ガルバリウム鋼板横張り/ダークグレー
・ラスモルタル木鏝ラフ仕上[予定/間もなく]

 
〈パーソナルSP〉
閉じる→開く!の “開く” 側。

今回の計画は、とにかく林に
バァーンッ!
です。

大開口の木製引戸と深いテラスが、
内部と森林を曖昧にゆるやかに繋げる空間が完成します。

6月末完成予定。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

外壁と軒天

R4.5.20[金]晴れ

那須町の住まいhouse-A2

間もなく外部完了!

〈外壁〉
横張りのガルバリウム鋼板が間もなく完了。
林の中の別荘地、湿気や落ち葉の影響を考え、ガルバリム鋼板を選択。

落ち葉の量を考えると雨樋も無意味。
むしろ詰まりからの水の悪影響を考えると
マイナス面しか想像できず雨樋の取付は無しと判断。
周辺環境によって思考も変化ですね。


〈軒天〉
大開口部のテラス屋根。
杉板に自然塗料[リボス/カルデット/チーク]にて少々着色し仕上げました。
深く軒を掛けることで、外部に一つ空間を造り、居場所を確保。
初春から初夏が良く似合いそうです。

6月末完成予定。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
httpps:souemon.net

たまに斜め。

R4.5.6[金]晴れ

那須町の住まいhouse-A2

WURTH[ウルト]社製透湿防水シートの施工。
しっかりと重ね幅を確保し、綺麗に施工していただきました。

透湿防水シート:
建物外部からの雨水の侵入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えたシート

少々斜めな部分のある建物形状。
そこには理由が有り、それぞれ敷地には、一番いい場所が存在する。
方位をみて、周辺の環境を確認し、将来の変化を想像して“一番いい場所”を見つける。

その場所に内部からの視線を考え、生活を想像し設計すると、直角で構成された形になるとは限らない。

斜め形状が有ることで、施工費がUPになる事は、往々にして有るが、“一番いい場所”を見つけてしまうとどうしても辞められなくなってしまう…

毎日過ごす住まいだから“一番いい場所”を日々の暮らしに取り入れ、豊かな時間にしていただきたい。
そんな気持ちで、たまに斜め。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

やはりディテールは大切

R4.4.22[金]晴れ

那須町の住まいhouse-A2

大切なのは空間!空間!
細かい所を気にしているのは、
設計事務所や施工側だけ…まずは空間!
っと思っているが、どうしても細かい納まりも気になる。

本日、現場に到着し直ぐに目に入った窓をみて、
そうそう!これこれ!やはりディテールね!っと思った窓。

枠無しで納めた台形FIXが綺麗でディテールの大切を改めて感じた1枚。
”綺麗”っていいですね。心踊ります。

ガラスはトリプル。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

木製2枚引き込み戸搬入取付

R4.4.7[金]晴れ

那須町の住まいhouse-A2の現場では、
リビングに大開口2枚引込木製サッシの搬入取付が行われました。

なるべく大きく開口、なるべく内部からの景色を邪魔しないよう窓枠を少なくする努力を行い有効開口[w3500×h2290]を2つの障子[w1827×h2298]で開放できるよう計画。
開放時の引込部分を考えた枠の大きさはW5509×H2436になりました。

木製かつ引戸でありながら気密性能を確保した実力はいかに!
気密測定が楽しみです。

このサイズで障子枠の見附寸法が50㎜な所も凄いです。
この商品もまさに意匠と性能の両立した素敵な商品です。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

現場監理

朝晩は冷え込みますが、もうすぐ春ですね。

コロナ禍、自粛自粛の春でした。
心が弾む春は2年ぶりかな…
蔓防は続きますが、あと少し…もう少し…

“明けない夜はない”そんな春ではないですか。


先週の3つの現場監理


那須町の住まいhouse-A2では断熱工事が着々と進んでおります。


窓廻りの処理
サッシ取付前に気密テープを先張りし、壁の気密層との連結準備を行う。


内部の断熱・気密施工
断熱材を施工後、隙間のないよう気密シートを施工します。

可変調湿気密シート[WURTH/ウ−トップSDヴァリオ]を採用しました。
気密測定が楽しみです。

続いて、宇都宮市の住まいhouse-SS

内装工事が完了し、水栓等の取付が始まりました。

世の中で騒がれている“物が無い!器具が入荷しない!”
どこか他人事のように聞いておりましたが、直面!

house-SSの現場では、コンロが入荷しない…納期も出ない状態です。
ニュースや人の話には聞いておりましたが本当に無いんですね。


小山市の住まいhouse-O

基礎配筋確認
綺麗にしっかり施工していただきました。

どんなに快適で素敵な住まいでも安全安心がなければ良い住まいでは無い!
基礎が大切だと思います。


意匠と性能の両立した住まい。
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

今週の現場監理

寒いです。
日中の日差しは、春の兆し…
なんて思っていたら土日は最強クラスの寒波ですって!

温泉、鍋、熱燗、おでん…
冬は冬で好きですが、
現場は困ったものです。

今週の現場監理

小山市の住まいhouse-O

今週より着工しました小山市の住まい。
丁張り確認。

御家族に丁度良い平屋の住まいが7月完成予定です。

丁張り:
現場に建物の位置や高さの目印を木杭や板等を使い表す工程。


宇都宮市の住まいhouse-SS

造作キッチンのステンレス天板を取付ました。
ステンレス天板+シナランバーの造作キッチンが多いのですが、
ステンレス天板+濃灰色のメラミンに初挑戦。
養生を外すのが楽しみです。

3月中旬完成予定。


那須町の住まいhouse-A2

あたり一面雪!雪!雪!
見慣れぬ真っ白な景色が新鮮!

現場状況は、外部に耐力面材[EXハイパー]が施工されました。
取付け位置、釘@などを確認後、
板金屋さんと屋根の納まり確認。

おそらく今週土日も降雪が予想されますが、
屋根、壁が塞がり一安心です。


スタッフ募集
vectorworksが使える方、
御連絡お待ちしております。
souemon@rd5.so-net.ne.jp


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net