wallstat〈ウォールスタット〉

R6.6.5(水)[晴れ]

今週月曜日[3日]は、建築同志である大工のO氏レクチャーの
wallstatセミナーに参加して参りました。

wallstat〈ウォールスタット〉は、
木造軸組工法住宅を対象とした
大地震時における木造住宅の損傷状況や倒壊過程を
シュミレーションで、視覚的に知ることが出来る
地震解析ソフトです。

大工のO氏は、お施主さんに対して、
“建物を造る責任として後悔したくない”との強い想いより
多くの時間を費やし独学でwallstatを身につけた方で、
その知識を伝授していただきました。


このソフトは凄いっ!っという事で
伝授いただいた知識を忘れぬうちに復習をしてみました。

本年1月に引き渡しさせていただいた
耐震改修工事を行ったリノベーション部件
house-SK-Rを入力。

築45年の無断熱木造在来工法2階建て住宅を
2階減築+耐震改修+断熱工事を行った物件になります。


まずは、改修前の既存2階建て住宅を
阪神淡路大震災の地震動で揺らしてみました
↓↓↓

倒壊はしませんでしたが、
元の生活が出来ない程の多くの破損が見られました。

 


続いて改修後[減築+耐震改修]の建物を
極めて稀に発生する地震動の1.5倍で揺らしてみました。

極めて稀に発生する地震とは ⇒ 数百年に1度起きる可能性がある地震

倒壊も破損もありませんでした。
耐震改修成功です。


次に改修後[減築+耐震改修]の建物を
阪神淡路大震災の地震動×1.5倍で揺らしてみました。

地震には、大き分けて2つ
直下型地震と海溝型地震が有り、
直下型地震は、Z軸(縦揺れ)が加わるようです。

これまた倒壊も破損もありませんでした。
耐震改修成功です。


また1つ、大切な住まいづくりに活かせる大きな武器を
手に入れる事ができました。

大工のO氏の言葉、
“建物を造る責任として後悔したくない”は響きます。

同志に感謝の良い週明けです。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net