top.jpgabout.jpgworks.jpgpassiv.jpgblog.jpgcontact.jpg

works4.jpg




薄く深い軒先をもつ、黑と杉板の佇まい。

house-UT


薄く深い軒は機能的な日射遮蔽の役割と、軒下空間の役割があります。
また、意匠的には深く出すことで重厚な形状になり上品な印象を欠くことを避け。
細部に拘り薄く作ることで洗練された印象を与えるように計画しました。
内部空間は断熱性能を上げる事で良点の増す大きな吹抜けを設け。
住まいが一体的空間となり家族の繋がりや温熱が均一化された居住空間となりました。
太陽の陽が入り、風の抜ける畳の上での寛ぎは至福の一時。
意匠と機能性、温熱的にバランスを考えた、心地よい住まいです。








































works4.jpg

ut.jpgut.jpg

house-UT

ht.jpght.jpg

house-HT

miu.jpgmiu.jpg

cafe-miu

tkr.jpgtkr.jpg

house-TK-R/リノベーション

ht.jpgwc.jpg

house-W-C/コンバージョン

tkr.jpgakm.jpg

house-AKM

stc.jpgstc.jpg

house-ST-C/コンバージョン

fr.jpgfr.jpg

house-F-R/リノベーション

fr.jpg

house-KS

stc.jpg

house-K