換気量の実測

R6.5.31(金)[曇り/雨]

本日、一昨年より時間を置いていた物件の
再始動が正式に決まりました。
あれも…これも…
楽しみにしていた物件ばかり…ありがたい。

昨日午前中は、
今年度より新たに加わった土蔵の保存修理の現調。

今回の土蔵は、割りと新しめで
明治7年建築の土蔵。
牛梁に墨字で“紀元二千五百三十四年”と
書かれていました。
6月中に既存調査を終わらせます。


[牛梁の墨字]

そして午後は、
建築士による建築士のための見学会
“建学會”vol.5に参加。

株式会社アルシス RAKUYAさんの
モデルハウスを見学させていただきました。

プラン、納め方、断熱方法、換気についての考え方、営業方法 etc…
ディスカッションの中で、
“プロとプロのコラボレーションによる相乗効果”の話しは特に面白かった。
是非とも取り入れたい事です。

同業の同じ方向を向いている仲間の話は学びが多く
刺激ある楽しい時間となりました。


換気と言えば…
つい先日、自宅の換気量を実測しました。

換気回数
日本の建築基準法では、
住まいの居室換気量は0.5回/h以上と定められています。
1時間にその部屋の空気を0.5回入れ替えなさい…と言う数字。

例えば…
LDKの容積が70㎥であれば÷2の35㎥
1時間あたり35㎥の空気をいれかえなさい!
風量35㎥/hを超える換気扇を設置する必要有り。

換気回数基準以外にもう一つの考え方として、
CO2濃度で換気量を判断する考え方。

450ppm〜700ppmが健康的な室内のCO2濃度で、
1人に必要な空気量は30㎥/h程度との事。
ちなみに屋外のCO2濃度は410ppm。
(インターネットより拝借)

我が家のdata
換気扇:ガデリウス/ダクト式第三種換気『JBDG』
住人:3人家族+猫2匹〈viviと大和〉
全容積:302.63㎥
設計換気風量:176.40㎥/h
設計換気回数:0.58回


[黒が大和/トラがvivi]

実測風量:123㎥
実測換気回数:0.40回
∴換気回数0.5回未達成

未達成の理由は、リビングに設置してある
CO2濃度測定器にて常時計測し、
3人+2匹でも概ねCO2濃度700ppm以下な事より、
換気風量設定を設計時より10%下げて運転させてます。

換気量は、必要な分だけの換気量としたい所です。

実際に最低必要な換気量を
家族3人×30㎥/h+α(猫2匹)の条件より≒100㎥と考えると、
実測換気量が123㎥で、CO2濃度がMAX700ppm以下であれば、
1人あたりの必要換気量30㎥/hも
概ね間違いない量ではないでしょうか。

実測の成果として、
子供部屋と寝室の換気量が少ない事がわかった。
他の部屋の換気量を計測しながら、
上記2室の吸込口開度を広げ換気量を調整してみた。

結果、全体換気量を変えずに
2室の換気量を上げる事ができた。

何で???…

換気量の少なかった子供部屋と寝室の吸込口は、
開度が狭すぎて上手く吸い込まれなかったようです。
実際、調整した開度は1㎜もいかない0.7㎜程度…
そんな微調整で3㎥⇒12㎥まで換気量がUPされました。

無駄に電気を使っていたと反省…

それにしても計画換気風量176.40㎥/hに対して、
-10%運転で実測123㎥は少々少ない気がします。
ダクト長さ、曲管部分の圧力損失の検討が甘いように感じます。

次回に活かすべく反省点。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

それでもやる!

R6.5.22(水)[晴れ]

現在、長期優良住宅の審査待ち物件
house-KHの補正連絡が届きました。

内容は、主に私の不備に対する追加説明なので、
問題なく適合審査が完了しそうです。

そんな審査待ちのhouse-KHはこんな屋根形状
↓↓↓

2台分のインナーガレージが有り、
少々変形した住まいですが、
構造計算は、しっかり計算をしてくれる方に外注し、
許容応力度計算による耐震等級3を確保してます。

 

こんな形状になった理由は、
設計の皆さんが、当たり前に行っている
“周辺環境の読み解き”を
私も毎回大切にしており、
その土地固有の条件である採光、通風、周囲の建物、方位、
などのを丁寧に考察します。
そこに加え、その周辺の未来変化を想像し、
プラン作成に取り掛かります。

そして、
住まう御家族の御要望にどのように答えられるか、
考察した周辺環境に落とし込み、
見え方見られ方を味付けし生まれた形状です。

出来ることであれば、
変形にしなくても快適に住め、
ファサードデザインが綺麗に出来るのであれば、
なるべく変形にはしたくない!

これが本音です。

変形にするとやはりコストが掛かります。
四角形であれば必要の無い大きな梁!
力が集中する箇所への高強度金物!
強度確保の為に増える材料!
などなど…コスト増の要素しかありません。

それでも、そのプランや空間、意匠が素敵になるのであれば、
“耐震等級3”を確保した上で、
変形形状でも提案させていただく事があります。

もちろん変形の必要がなければそれが1番。


耐震等級3を確保する上で悩む事が多いのは、
水平構面。

勾配天井とする事が多く、
屋根と天井の間に厚みのある天井断熱材を施工する必要があり、
気密ラインを考えながら
佇まいのプロポーションを大切にし、
強度と施工性、経済性を考えると悩みどころ…

先日、お引渡ししたリノベーションの物件より
施工性向上の為、屋根断熱は、
吹込みグラスウールを採用する事としました。

過去の施工が過ちでも失敗でもなく、
毎回毎回、より良くなるよう進化して行こうと思います。


変形だけど耐震等級3だった過去物件
↓↓↓


〈house-TTT〉



〈house-A2〉



〈house-SS〉


↑↑↑
それぞれの理由があってこの形状ですが、
どんな形状でも“安全安心”が1番と考え耐震等級3です。

だけど実はこれが1番好き
無駄の少ない“引き算シンプル形状”
↓↓↓


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

付加断熱の厚み比較

R6.5.18(土)[晴れ]

本日、house-KHの現場では
地縄張りを行いました。

明日、執り行う地鎮祭にて、
施主様に大きさや位置を確認いただきます。


現在の状況は、
確認申請と長期優良住宅に係る適合審査の
書類提出が完了し、技術審査中。
来月中旬着工予定で準備を進めております。

長期優良住宅の認定基準の一つ
“省エネルギー性”の検討には、
「家の燃費」が確認できる
“エネルギーパス”で計算。

UA値0.28W/㎡・KにてHEAT20 G2(5地域)に該当する断熱性能。
折角なので、断熱等級7(0.26以下)にと思い
仕様をソフト内で変更してみました。

大きな予定仕様(UA値0.28)
(面積や厚み等々省略)

屋根:吹込みHGW+スタイロフォーム
壁:HGW+フェノールフォーム
床:フェノールフォーム+スタイロフォーム
サッシ:樹脂トリプル・木製トリプル
といつもの仕様
(今回から屋根の断熱材を吹込みHGWに変更)


等級7にするにはどうか?
比較的容易に変更が可能な
壁付加断熱の厚みで性能比較をしてみました。

変更①
フェノバボードt45 ⇒ t60
UA値0.28 ⇒ 0.27 結果0.01性能UP

変更②
フェノバボードt45 ⇒ t90
UA値0.28 ⇒ 0.26 結果0.02性能UP

↑今回の仕様で付加断熱をt90にすると
断熱等級7になるようです。

UA値が0.3以下になってくると
大きな性能UPは、なかなか難しいようです…


因みに付加断熱をやめてみました。

UA値0.28 ⇒ 0.35

先程は、付加断熱をt45⇒t90でUA値-0.02に対し
t45⇒t0でUA値+0.07と言う結果で、
こちらの変更は割りと大きく変わりました。


光熱費は以下の結果

太陽光無しオール電化住宅の
全館冷暖房時の年間光熱費。
(詳細設定省略)

UA値0.26 ⇒ 157,348円
UA値0.28 ⇒ 163,313円
UA値0.35 ⇒ 174,581円

ん…
こんな差額か?
簡単に数字遊びの結果…

詳細な確認やエネルギー比較等
またの機会にしてみます。


意匠と性能の両立した住まい
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

長期優良住宅申請準備

R6.5.8(水)[曇り]

ゴールデンウイーク前半は仕事をし、
後半は、友人家族と恒例の海キャンプに
行って参りました。

毎年、局所的大雨に見舞われ
一時テント避難になりますが、
本年は、丁度良い気温&湿度の
快適キャンプとなりました。

何度も来た海沿いの高台にあるキャンプ場、
始めに来たのは自分が小学生の時…

その時からあまり変わらない昔ながらのキャンプ場。
大人になり、自分の子供を連れて来る事になるとは、
思わなかった。

何十年も前からここに在ってくれる事に感謝。
うちの子は大きくなっても覚えているのかな…
自分の家族と来るのかな…
その時までキャンプ場あるかな…

早朝散歩にて、朝日に向かう家族の背中を見て
そんな事を思った。

今年のGW、短かったけど楽しかったな。

 


そして、昨日より業務開始。

連休前に契約させていただいた
新築住宅の長期優良住宅の申請準備。

昨今は、住宅を建てるに時に
“長期優良住宅”の認定を受ける事で
施主様が得られるメリットが多い。

例えば
・補助金
・住宅ローン控除
・所得税控除
・地震保険料の割引き
・金利引下げ
等々。

そして“長期優良住宅”は
・劣化対策
・耐震性
・維持管理・更新の容易性
・省エネルギー性
について、適合審査の結果認定され、
その建物がどんなレベルの建物かの証明になります。

=ある程度の明確な資産価値の判断基準になります。

当事務所が近年標準仕様としてきた
耐震等級3
断熱性能G2
気密性能0.5㎝2/m2以下
があるので、長期優良住宅認定はハードルも低い。

私の手間
審査時間
申請手数料
が増えるだけ…

今後の法改正も視野に入れ、
施主様のメリットも多い事から
新築住宅では、新たに標準仕様とする事にしました。

とっ!
書きつつ性能だけじゃないですね。
意匠も絶対大切。
高揚感が活動力に繋がります。

快適でお気に入りの住まいに暮らし、
onとoffのメリハリを付け生産性を上げる!

思いっきり働き、思いっきり遊ぶ…
そんな暮らしのご提案。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net