wallstat〈ウォールスタット〉

R6.6.5(水)[晴れ]

今週月曜日[3日]は、建築同志である大工のO氏レクチャーの
wallstatセミナーに参加して参りました。

wallstat〈ウォールスタット〉は、
木造軸組工法住宅を対象とした
大地震時における木造住宅の損傷状況や倒壊過程を
シュミレーションで、視覚的に知ることが出来る
地震解析ソフトです。

大工のO氏は、お施主さんに対して、
“建物を造る責任として後悔したくない”との強い想いより
多くの時間を費やし独学でwallstatを身につけた方で、
その知識を伝授していただきました。


このソフトは凄いっ!っという事で
伝授いただいた知識を忘れぬうちに復習をしてみました。

本年1月に引き渡しさせていただいた
耐震改修工事を行ったリノベーション部件
house-SK-Rを入力。

築45年の無断熱木造在来工法2階建て住宅を
2階減築+耐震改修+断熱工事を行った物件になります。


まずは、改修前の既存2階建て住宅を
阪神淡路大震災の地震動で揺らしてみました
↓↓↓

倒壊はしませんでしたが、
元の生活が出来ない程の多くの破損が見られました。

 


続いて改修後[減築+耐震改修]の建物を
極めて稀に発生する地震動の1.5倍で揺らしてみました。

極めて稀に発生する地震とは ⇒ 数百年に1度起きる可能性がある地震

倒壊も破損もありませんでした。
耐震改修成功です。


次に改修後[減築+耐震改修]の建物を
阪神淡路大震災の地震動×1.5倍で揺らしてみました。

地震には、大き分けて2つ
直下型地震と海溝型地震が有り、
直下型地震は、Z軸(縦揺れ)が加わるようです。

これまた倒壊も破損もありませんでした。
耐震改修成功です。


また1つ、大切な住まいづくりに活かせる大きな武器を
手に入れる事ができました。

大工のO氏の言葉、
“建物を造る責任として後悔したくない”は響きます。

同志に感謝の良い週明けです。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

換気量の実測

R6.5.31(金)[曇り/雨]

本日、一昨年より時間を置いていた物件の
再始動が正式に決まりました。
あれも…これも…
楽しみにしていた物件ばかり…ありがたい。

昨日午前中は、
今年度より新たに加わった土蔵の保存修理の現調。

今回の土蔵は、割りと新しめで
明治7年建築の土蔵。
牛梁に墨字で“紀元二千五百三十四年”と
書かれていました。
6月中に既存調査を終わらせます。


[牛梁の墨字]

そして午後は、
建築士による建築士のための見学会
“建学會”vol.5に参加。

株式会社アルシス RAKUYAさんの
モデルハウスを見学させていただきました。

プラン、納め方、断熱方法、換気についての考え方、営業方法 etc…
ディスカッションの中で、
“プロとプロのコラボレーションによる相乗効果”の話しは特に面白かった。
是非とも取り入れたい事です。

同業の同じ方向を向いている仲間の話は学びが多く
刺激ある楽しい時間となりました。


換気と言えば…
つい先日、自宅の換気量を実測しました。

換気回数
日本の建築基準法では、
住まいの居室換気量は0.5回/h以上と定められています。
1時間にその部屋の空気を0.5回入れ替えなさい…と言う数字。

例えば…
LDKの容積が70㎥であれば÷2の35㎥
1時間あたり35㎥の空気をいれかえなさい!
風量35㎥/hを超える換気扇を設置する必要有り。

換気回数基準以外にもう一つの考え方として、
CO2濃度で換気量を判断する考え方。

450ppm〜700ppmが健康的な室内のCO2濃度で、
1人に必要な空気量は30㎥/h程度との事。
ちなみに屋外のCO2濃度は410ppm。
(インターネットより拝借)

我が家のdata
換気扇:ガデリウス/ダクト式第三種換気『JBDG』
住人:3人家族+猫2匹〈viviと大和〉
全容積:302.63㎥
設計換気風量:176.40㎥/h
設計換気回数:0.58回


[黒が大和/トラがvivi]

実測風量:123㎥
実測換気回数:0.40回
∴換気回数0.5回未達成

未達成の理由は、リビングに設置してある
CO2濃度測定器にて常時計測し、
3人+2匹でも概ねCO2濃度700ppm以下な事より、
換気風量設定を設計時より10%下げて運転させてます。

換気量は、必要な分だけの換気量としたい所です。

実際に最低必要な換気量を
家族3人×30㎥/h+α(猫2匹)の条件より≒100㎥と考えると、
実測換気量が123㎥で、CO2濃度がMAX700ppm以下であれば、
1人あたりの必要換気量30㎥/hも
概ね間違いない量ではないでしょうか。

実測の成果として、
子供部屋と寝室の換気量が少ない事がわかった。
他の部屋の換気量を計測しながら、
上記2室の吸込口開度を広げ換気量を調整してみた。

結果、全体換気量を変えずに
2室の換気量を上げる事ができた。

何で???…

換気量の少なかった子供部屋と寝室の吸込口は、
開度が狭すぎて上手く吸い込まれなかったようです。
実際、調整した開度は1㎜もいかない0.7㎜程度…
そんな微調整で3㎥⇒12㎥まで換気量がUPされました。

無駄に電気を使っていたと反省…

それにしても計画換気風量176.40㎥/hに対して、
-10%運転で実測123㎥は少々少ない気がします。
ダクト長さ、曲管部分の圧力損失の検討が甘いように感じます。

次回に活かすべく反省点。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

それでもやる!

R6.5.22(水)[晴れ]

現在、長期優良住宅の審査待ち物件
house-KHの補正連絡が届きました。

内容は、主に私の不備に対する追加説明なので、
問題なく適合審査が完了しそうです。

そんな審査待ちのhouse-KHはこんな屋根形状
↓↓↓

2台分のインナーガレージが有り、
少々変形した住まいですが、
構造計算は、しっかり計算をしてくれる方に外注し、
許容応力度計算による耐震等級3を確保してます。

 

こんな形状になった理由は、
設計の皆さんが、当たり前に行っている
“周辺環境の読み解き”を
私も毎回大切にしており、
その土地固有の条件である採光、通風、周囲の建物、方位、
などのを丁寧に考察します。
そこに加え、その周辺の未来変化を想像し、
プラン作成に取り掛かります。

そして、
住まう御家族の御要望にどのように答えられるか、
考察した周辺環境に落とし込み、
見え方見られ方を味付けし生まれた形状です。

出来ることであれば、
変形にしなくても快適に住め、
ファサードデザインが綺麗に出来るのであれば、
なるべく変形にはしたくない!

これが本音です。

変形にするとやはりコストが掛かります。
四角形であれば必要の無い大きな梁!
力が集中する箇所への高強度金物!
強度確保の為に増える材料!
などなど…コスト増の要素しかありません。

それでも、そのプランや空間、意匠が素敵になるのであれば、
“耐震等級3”を確保した上で、
変形形状でも提案させていただく事があります。

もちろん変形の必要がなければそれが1番。


耐震等級3を確保する上で悩む事が多いのは、
水平構面。

勾配天井とする事が多く、
屋根と天井の間に厚みのある天井断熱材を施工する必要があり、
気密ラインを考えながら
佇まいのプロポーションを大切にし、
強度と施工性、経済性を考えると悩みどころ…

先日、お引渡ししたリノベーションの物件より
施工性向上の為、屋根断熱は、
吹込みグラスウールを採用する事としました。

過去の施工が過ちでも失敗でもなく、
毎回毎回、より良くなるよう進化して行こうと思います。


変形だけど耐震等級3だった過去物件
↓↓↓


〈house-TTT〉



〈house-A2〉



〈house-SS〉


↑↑↑
それぞれの理由があってこの形状ですが、
どんな形状でも“安全安心”が1番と考え耐震等級3です。

だけど実はこれが1番好き
無駄の少ない“引き算シンプル形状”
↓↓↓


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

付加断熱の厚み比較

R6.5.18(土)[晴れ]

本日、house-KHの現場では
地縄張りを行いました。

明日、執り行う地鎮祭にて、
施主様に大きさや位置を確認いただきます。


現在の状況は、
確認申請と長期優良住宅に係る適合審査の
書類提出が完了し、技術審査中。
来月中旬着工予定で準備を進めております。

長期優良住宅の認定基準の一つ
“省エネルギー性”の検討には、
「家の燃費」が確認できる
“エネルギーパス”で計算。

UA値0.28W/㎡・KにてHEAT20 G2(5地域)に該当する断熱性能。
折角なので、断熱等級7(0.26以下)にと思い
仕様をソフト内で変更してみました。

大きな予定仕様(UA値0.28)
(面積や厚み等々省略)

屋根:吹込みHGW+スタイロフォーム
壁:HGW+フェノールフォーム
床:フェノールフォーム+スタイロフォーム
サッシ:樹脂トリプル・木製トリプル
といつもの仕様
(今回から屋根の断熱材を吹込みHGWに変更)


等級7にするにはどうか?
比較的容易に変更が可能な
壁付加断熱の厚みで性能比較をしてみました。

変更①
フェノバボードt45 ⇒ t60
UA値0.28 ⇒ 0.27 結果0.01性能UP

変更②
フェノバボードt45 ⇒ t90
UA値0.28 ⇒ 0.26 結果0.02性能UP

↑今回の仕様で付加断熱をt90にすると
断熱等級7になるようです。

UA値が0.3以下になってくると
大きな性能UPは、なかなか難しいようです…


因みに付加断熱をやめてみました。

UA値0.28 ⇒ 0.35

先程は、付加断熱をt45⇒t90でUA値-0.02に対し
t45⇒t0でUA値+0.07と言う結果で、
こちらの変更は割りと大きく変わりました。


光熱費は以下の結果

太陽光無しオール電化住宅の
全館冷暖房時の年間光熱費。
(詳細設定省略)

UA値0.26 ⇒ 157,348円
UA値0.28 ⇒ 163,313円
UA値0.35 ⇒ 174,581円

ん…
こんな差額か?
簡単に数字遊びの結果…

詳細な確認やエネルギー比較等
またの機会にしてみます。


意匠と性能の両立した住まい
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

長期優良住宅申請準備

R6.5.8(水)[曇り]

ゴールデンウイーク前半は仕事をし、
後半は、友人家族と恒例の海キャンプに
行って参りました。

毎年、局所的大雨に見舞われ
一時テント避難になりますが、
本年は、丁度良い気温&湿度の
快適キャンプとなりました。

何度も来た海沿いの高台にあるキャンプ場、
始めに来たのは自分が小学生の時…

その時からあまり変わらない昔ながらのキャンプ場。
大人になり、自分の子供を連れて来る事になるとは、
思わなかった。

何十年も前からここに在ってくれる事に感謝。
うちの子は大きくなっても覚えているのかな…
自分の家族と来るのかな…
その時までキャンプ場あるかな…

早朝散歩にて、朝日に向かう家族の背中を見て
そんな事を思った。

今年のGW、短かったけど楽しかったな。

 


そして、昨日より業務開始。

連休前に契約させていただいた
新築住宅の長期優良住宅の申請準備。

昨今は、住宅を建てるに時に
“長期優良住宅”の認定を受ける事で
施主様が得られるメリットが多い。

例えば
・補助金
・住宅ローン控除
・所得税控除
・地震保険料の割引き
・金利引下げ
等々。

そして“長期優良住宅”は
・劣化対策
・耐震性
・維持管理・更新の容易性
・省エネルギー性
について、適合審査の結果認定され、
その建物がどんなレベルの建物かの証明になります。

=ある程度の明確な資産価値の判断基準になります。

当事務所が近年標準仕様としてきた
耐震等級3
断熱性能G2
気密性能0.5㎝2/m2以下
があるので、長期優良住宅認定はハードルも低い。

私の手間
審査時間
申請手数料
が増えるだけ…

今後の法改正も視野に入れ、
施主様のメリットも多い事から
新築住宅では、新たに標準仕様とする事にしました。

とっ!
書きつつ性能だけじゃないですね。
意匠も絶対大切。
高揚感が活動力に繋がります。

快適でお気に入りの住まいに暮らし、
onとoffのメリハリを付け生産性を上げる!

思いっきり働き、思いっきり遊ぶ…
そんな暮らしのご提案。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

店舗のお仕事

R6.4.15(月)[晴れ]

本日より宇都宮市の
とある店舗の改修工事。

もともとある無骨なヴィンテージ空間に
一味きかせていただくお仕事。

古材やヴィンテージ家具…
昔何度かやったな〜っと!
久しぶりで楽しみです。

たまにある住宅以外のお仕事。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

木が反る!

R6.4.13(土)[晴れ]

昨日は、昨年お引き渡しさせていただいた
house-TTTに伺ってましりました。

お邪魔した理由は、良件ではなくメンテナンス…

外壁に張った無垢の木が、
反り上がる所が一箇所あり
メンテナンスに同席させていただきました。

原因は、水分をすった無垢板の膨張・収縮なのですが、
問題は、その水分が外からか?中からか?という事。

中からだと、漏水か!通気不足っ!
何れにせよ大問題。
反り上がった部分を綺麗に外し、
内部を確認した所、水濡れもカビも無く綺麗な状態だったので、
原因は、外部からの水分で有ることがはっきりしました。

軒は深く1,200掛かった場所ですが、
雨掛かり、地面からの雨跳ねなどによる
水分吸収と考えました。

板1枚(幅約10㎝)に対する伸び縮みは数㎜ですが、
何枚も並べば、それなりの動きになります。
その伸びが両端から押してきて、
壁面中心付近の材質の弱い部分で反り上がったようです。

是正方法は、大工さんと現場監督と相談し、
反り上がった板の裏側に
伸び縮みに対する遊び代を設けて
復旧する事としました。

無垢の板が動く事は理解してましたし、
過去にも外部に施工した事も何度もありますが、
今回のように反り上がった事は初めてでした。

その場その時の最善は尽くしているのですが、
時にこのような不具合が発生する事が正直あり、
その時は、最善策で対応させていただきます。

無垢の木って素敵なんですよね。
風合いと美しい木目による素材感、
経年変化による楽しみ、
温かみと風格ある存在感。

その反面、
板ごとのばらつきや
割れ、反り、ねじれなど、個体差も大きく
扱いが一筋縄ではいかない材料。

それでも“木”が欲しいんです!
木の質感が好きなんです!
わかっていて採用してしまします。

そんな魅力的な材料ですね。

木がお好きな方は、
是非、無垢の木をふんだんに使って
住まいを建てて欲しいと思います。


そんな自然素材で造られたhouse-TTTは、
昨日も素敵な住まいでした。

久しぶりにお会いした
奥様との会話が楽しかった…
建築前、建築中の打合せを思い出し
なんだか嬉しくなった一日。

いい日だったな!

TTTc様、お手間お掛けしますが、
引き続きよろしくお願いいたします。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

ここ最近のあれやこれ…

R6.3.27(水)[晴れ]

昨日26(火)は、年始に提出した
予算オーバーの御見積りについて、
お施主様と2回目の打合せをさせていただきました。

1度目の打合せは、現状の金額をお伝えし、
面積の縮小や、仕上げの変更でのCD案を説明し、
性能面では決して下げたくない事をお伝えしました。

その2日後に借入額を増やす事にしたとの
メールをいただき、昨日2度目の予算打合せとなりました。

“我慢して建てた住まいで暮らすより、
気に入った住まいで暮らしたいんです”っと…

お施主様ご家族にとって、
住まいの設計とは、重要な役割を担っていることは
重々承知しておりますし、
いつもそのつもりで設計をしておりますが、
改めて身の引き締まる打合せとなりました。

本日より図面修正に取りかかりましたので
K様、工事契約、着工までいま暫くお待ち下さい。

そして、いろいろあった2週間でした…


〈新規物件の現地調査〉
スパン10mの木造倉庫の御依頼

時代は、木造化の波が来ております。
中規模とまでは言いませんが、
木造大スパンをやりたいと思っていた所に、
10mスパンの話…
楽しみです。

住宅にも応用できるスキルになります。



〈見積もり提出〉

とあるお店の改装工事
見積もり金額に御納得いただき4月後半に着工します。



〈ショーケースのディスプレイ作業〉

伝建地区、土蔵建物内の展示スペース工事
大工さんと一緒にディスプレイ作業。
いい感じに仕上がりました。



〈宮城へGO 津波よって破壊された元交番〉

2日間、全国青年委員長会議にて宮城県へ行って参りました。

すでに青年ではありませんが、
建築士会青年委員長を仰せつかっており、
学びと刺激の場に参加して参りました。

1日目は、女川町へ伺い
3.11の津波被害で全てを失った町の
復興への具体的な取り組みについて、
女川町復興連絡協議会事務局長より話を伺いました。

災害に備える…やはり住宅もまずは耐震等級3ですよ。

2日目は、まさにただ今興味津々な”木造・木質化”について、
CLTや縦ログ工法など
全国の同世代建築士の取り組みについて学んで来ました。

凄い同世代が居るもんだっ!
刺激いただきました。

 



〈主催としてみやJOY2024けんちく博の開催〉

R6.3.24(日) ライトキューブ宇都宮にて
建築士会主催のイベント”みやJOY2024けんちく博”の開催。

栃木県の建設業に関わるさまざまな団体が一同に集結し、
建築にかかわる体験ができるイベントを開催しました。

来場者数約7,000人の大成功イベントとなりました。

写真は、参加者みんなで作った
“LRTがあるまちづくり”のジオラマ

なんともバタバタな2週間でした。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

工事完了

R6.3.2(土)[晴れ]

昨日、栃木市伝建地区の現場にて、
sign工事の立会いをして参りました。

栃木市屈指の旧家の家紋は、
当然由緒ある家紋。
事の始まりは後醍醐天皇…

長い歴史のある家紋を
通りから薬医門越しに屋敷内を望んだ時、
土蔵の奥から家紋を映し見せたい…
そんな思いより内部空間を提案させていただきました。

sign工事のI氏のお力で、
構想通り良い感じに仕上げていただきました。
遅い時間までありがとうございました。


〈浮き文字、鉄板切抜きサイン取付〉

職人さんとの相性って必要。
どれだけ図面を書いても
最後は作った方のセンスが出てくる。
細部の納め方や色味など、
大なり小なり、作家的な部分が
職人さんの手仕事に現れる。

手癖なのか、”センス”と言われる部分なのか、
“好きずき”なだけか…

だから言葉が合う方との仕事は、
100を言わずも感覚がわかり楽しくズレなく事が進む。
それが”相性”の一つだあることは間違い無い。

昨日は、そんなことを感じた楽しい現場でした。

栃木市岡田記念館2号館、今春4月よりopen予定。
江戸時代より残る歴史的資料を観ることができまますので、
御興味有りましたら是非いらしてください。


入り口付近に設けたイサム・ノグチ/AKARI/33N
良い選択が出来たと思います。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net

 

新しい住まい

R6.2.10(土)[晴れ]

先週の事。
新しい施主様と当事務所にて顔合わせをいたしました。

“新しい”と言っても見学会へお越しいただいたり、
イベントへ参加してくださったりの
2度程面識のある御夫婦。

私の自宅兼事務所を観ていただきながら
今後世の中は、エネルギー価格の上昇を続け、
暖房にかかるエネルギーを如何に抑えていく事が
大切な家族を守る家に備える大きなポイントになり、
それには、断熱性能を高める事が最も効果の高い方法で、
新築時が一番費用対効果が高く、
生涯にわたり効果を発揮するものですよ
っと!

“当たり前”だけど、
凄く重要な事で、そして最もシンプルな
話しをさせていただきました。

そんな話をしながら、軽くヒヤリングのようなお話し…

当事務所に来ていただけるお施主様はみなそう、
そろって自分のスタイルが有り、
そしてちょっと変わっている…

今回のお施主様も会話の中で、
〈お施主様〉:「リビングって必要ですか…
         無くてもいいと思うんですよね!」

〈私の心の声〉:ほら出たっ!
またちょっと違う人っ!(いい意味です)
↑↑↑
っと思いながら、
そうそう私のいつものお客さんっと嬉しくなりました。

改めて、ヒヤリングの日程を決めその日は終了。
どんな住まいができるか楽しみです。

M様
当たり前の重要な事を
よりシンプルに設計をすすめて参ります。
これから長いお付き合いよろしくお願いいたします。
楽しみにしてください。

話は変わり、
断熱等級の数字をあらためて検索してたら、
LIXILのサイトで以下のようなイラストを発見。

一番右絵の “これからの家” の所が
“HEAT20 G2” になってました。
現在の世の中の家は、
中絵の “今の家” にもなってないような気がしますが、
国や企業はこんなイメージなんですね。

G2がスタンダードで最低性能になって行くって事です。
やり方は色々あるとは思いますが、
性能的にも価格的にも
大きく違うのは付加断熱するかって所ですね。

サッシの性能を上げて計算すると付加断熱無しでも
G2になる場合もあるようですが、
熱橋などを考えると、
数値だけのそういう事ではないですよね。

これからの新築物件は、
付加断熱無しはないって事だと思います。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net