WURTHの気密シート

宇都宮市の住まいhouse-SS
屋根の断熱材施工が完了し、気密シートの施工が始まりました。

吹抜けの1Fリビングから2Fを見上げる。

中々の大空間!
断熱性能と気密性能無くして、快適な住空間にはならない。

快適住空間に意匠性を求めると、性能が伴わなければ快適にはならない。
両立の必要性を感じる空間。

コスト以外は、良いことだらけ!
困った事に金額が可愛くない!

施工中の現場を見ていると納得します。
とにかく手間が掛かるので、金額が可愛くないのは仕方がない!
本当にそれだけ手間が掛かる。
NさんSさん感謝しか無い!
※手間は妥当、材料が高!

“高い物が良い物とは限らない” が “良い物は高い”…納得します。
この手間は出すべきコスト!値段以上の良いお金の使い方です。

施工手間とは別の話ですが、断熱性能がもっと求められる世の中になれば、高性能商品の需要が高まり、建材メーカーが競い合って、より良い商品が生まれる。
きっと生産コストも抑えられ、現在よりは低価格で良い商品が生まれるに違いない!っと願望。

あと少し…
 あと少しでいいから…
  あと少しコストを抑えた意匠と性能の両立を〜!


気密シートと気密テープは、ドイツの建材メーカーWURTH[ウルト]製品”ウ―トップDB2″と”ユラソール”にて施工。


外壁廻りのコンセントには、気密性を高めるバリアーボックスを用いて、気密シート+気密テープで確実に気密処理を行います。

Mさん
意匠と性能の両立した”森を望む雨端の住まい”コスト調整お待ちください。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

CURATIONER

宇都宮市の住まいhouse-SS

本日[R3.10.15]は、高断熱木製サッシCURATUONE(キュレイショナー)の玄関ドアとテラスドアの搬入、取付。
金物は、機構、意匠を吟味した舶来品を使用し、扉の製作は長野県で設計製作の国産木製サッシ。

熱貫流率0.9W/㎡k
UwはYKKのD70と同性能ですが、気密性能が全然違う。
施錠時の締り具合は勿論、個人的にはドアノブ操作時の”締まる感じ”が気持ちいい。

玄関ドア
枠材・框材・パネル材:レッドシダー/クリア塗装

テラスドア
枠材・框材:レッドシダー/クリア塗装
ガラス:断熱Low-E トリプルガラス



[写真1・2枚目]
写真左側、レッドシダーパネリングの玄関ドア
写真右側、トリプルガラスのテラスドア


[写真3枚目]
屋根の断熱、気密の施工中
屋根断熱は、高性能GW+ネオマフォームにて性能(G2)確保。

気密性能0.3㎝2/m2以下を約束の断熱・気密工事屋さんに依頼。
構造梁下端の細かな部分まで精密にカットし、施工してくださいます。

気密測定が楽しみです。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net

 

 

 

 

 

 

 

 

現場進捗状況


[写真1枚目]
本日(R3.10.4)より着工、栃木市の店舗。
伝統的建造物群保存地区に指定された嘉右衛門町に来月(11月)新しいお店が誕生します。
どんなお店かな…
何のお店かな…
店舗詳細は後ほど。


[写真2枚目]
那須の別荘地に建つセカンドハウスhouse-A2の現場では、伐採・伐根工事が進み、良い感じに空が広がりました。

Aさんお待たせしました!
ようやくここまで来ました。
来春完成を楽しみにしてください。


[写真3枚目]
宇都宮市の住まいhouse-SS
屋根断熱の下地が整い明後日(6日)より断熱工事が開始します。
勿論G2/C値0.3以下
気密測定は、今月末を予定。

そして今回は、初トップライト!
日射遮蔽の工夫はおいおいUPします。

これまた来春完成予定。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https:souemon.net