土壁下地の小舞竹

一週間って何曜日から始まる?カレンダーは日曜日スタートが多いですが、仕事始めの感覚からすると月曜日スタート…っと言うことで月曜日スターと考えて…

今週より江戸時代の土蔵保存修理工事の現場では土壁の下地工事、“小舞竹”の施工が始まりました。
〈写真1枚目〉
予め柱に鋸状(苆掛け)の加工や竹を差し込む穴を加工しておき、尺八竹や横竹、縦竹を棕櫚縄と藁縄を使い結び止め柱間に施工していきます。土壁をつくる下地 は、「竹」と「縄」で構成され、「縄」は細かく編んだ竹と土を密着させ、土と竹が一 体化しするのに重要な役割を果たします。“苆掛け”の刻みに全て横竹が設置されます。
〈写真2枚目〉
縦竹が格子状にならび綺麗な2階空間になりました。
床ベニヤは施工上の仮設材。


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

GWといえばシロアリ

コロナの影響でいい事もある!
目先の良点だが、道が空いていて朝でも晩でも現場までいつもより早くたどり着く!

 話は変わり、GWと言えばシロアリ!なんでかと言うと、害虫駆除屋さんより聞いた話ではGW時期に大量発生する羽アリは確実にシロアリの羽アリとの事。
昨日も知人から連絡があり羽アリが大量発生したと!現場にお邪魔し確認したら間違いなくシロアリの羽アリ。いつもお世話になっている害虫駆除屋さんに連絡をし対応していただきました。


〈写真1枚目〉
大規模リノベーション物件house-WT-Rでは足場が外れました。
桧の板張りと白い塗り壁が良い感じに納まりました。
桧材を特注で加工していただき、一番長い所で7mの縦張りも繋ぎ目無しで施工してもらいました。


〈写真2枚目〉
高根沢の住まいhouse-Kでは、基礎工事がすすみ住宅瑕疵保険会社の配筋検査を受けました。
住宅事業者は「住宅瑕疵担保履行法」という法律により保険に加入し新築より10年間一部欠陥に対する保証をします。その為の検査を受け無事合格しました。


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

GLO-BALL〈照明〉

建築業界のコロナによる影響。
私の廻りの建築現場では、今の所コロナの影響はさほど無いようです。
一部水廻り商品の納期に通常よりも若干の遅れはあるようですが問題なく建築現場は進んでおります。
着工している皆様ご心配無いですよ。


大規模リノベーション物件
〈house-WT-R〉
昨年より携わっているリノベーション物件。いろいろな都合が絡みコロナとは無関係で、スローペースの工期。
リビングには3枚引きの建具が完了。リビング南に位置する畳スペースより午後の採光を得るために間口2.6mの硝子戸と欄間を設けました。
東面の大きな欄間から時間の経過と共に南面の窓へと採光を得られる窓
が変わり1日中適度な採光が確保できました。
 桧の板張りと砂漆喰で仕上げたリビングのメイン照明にFLOS〈照明ブランド〉のGLO-BALL(グローボール)を選定。少しつぶれた丸いガラスグローの宙に浮いた光の玉が優しい上質な空間を演出してくれました。
デザイナーズ照明を空間に取り入れる…いいと思います!

写真2枚目は、本日より玄関部分を解体。玄関とその廻りを囲む板塀工事に入ります。


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

小舞竹

コロナ生活…どんな工夫をして過ごしていますか…?

私の平日(仕事)はコロナ前とほぼほぼ変わらずデスクワークメイン。強いて言えば小学生の息子が事務所にいる事ぐらい。
休日は変わりましたね!外食を控えテイクアウト食を楽しみ、遊びに出かけず家の事をする日々。良いか悪いか休日も仕事したり…
GWも家にこもります!コロナが終息する時を楽しみっ!

さて、仕事のお話ですが、本日は一昨年より関わらせていただいている江戸時代の土蔵保存修理工事のR2年度工事契約をして参りました。

本年と来年度の2ヵ年計画でいよいよ土蔵のメイン工事、土壁の工程に入ります。本年は小舞竹+荒土(内外)を施工し、来年度で縦縄横縄+中塗り+上塗り+漆喰仕上の工程で進めていきます。


〈写真1枚目〉
現場に搬入した竹。
5m×500本。
木舞竹用の竹が売っているんですね。


〈写真2枚目〉
解体前の土壁を壁構成をサンプル用に丁寧に解体した写真。
写真の様に土壁を2年計画で造ります。


伝統的建造物を保存修理する目的は、歴史的価値の有る建物を未来へ残す目的も勿論ですが、もう一つ”技術の伝承”という大きな目的も有ると思います。
土壁を施工するのは左官職人さんですが、この”土壁”を施工できる職人さんが不足しています。かつ職人さん高齢化によって技術の伝承が急務となっています。

私の関わらせていただいている今回の現場は、他に例をみない規模の土壁施工が行われます。この機会にプロの左官職人さん向けに技術の伝承を目的とした”土壁ワークショップ”も考えています。一から土壁施工が体験出来る大チャンスなので是非御興味ある左官職人さんお待ちしております。案内ができましたらUPします。

↑↑↑にはやはり”コロナ終息!”が必要です!


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

三和土〈たたき〉の打合せ

 昨日は、益子町の古民家改修の住まいへ三和土〈たたき〉の打合せに行って参りました。
 長閑な益子町の景色が一望できる高台に建つこちらの住まいは、空き家になった陶芸家さんの工房兼住まいを知人が購入し、既存の面影を大切に残しながらリノベーションした住まいです。
 周辺環境、景色、佇まい、室内空間、全て◎の生活を手に入れた知人より、エントランス空間の土間を以前は、そうであっただろう“三和土〈たたき〉”で戻したいが施工できる人を知らないか…?っと相談を受けました。
 “三和土”って簡単に言うと大内宿や江戸村なんかでみる土を締め固めた土間です。

連絡をいただいた時の心境↓↓↓
うん!うん!めっちゃカッコいいです!
是非施工状況見てみたいっ!
ただ…今どき居るか…そんな事出来る職人さん…?

居たんですっ!
とても身近な所にっ!

そんなこんなで職人さんと2人で気持ちのいい益子町まで打合せに行って参りました。
“打合せ”と言っても知人へ職人さんを紹介しただけで“仕事”では無いので、遊びに行っただけでした。
ただ“三和土”と言う引き出しは手に入れられそうですっ!
“三和土”の相談お待ちしております。


○三和土〈たたき〉:土間床に使われる“たたき土”の略。土に“消石灰”、“にがり”を混ぜて練り、突き固めた素材。


○益子町:全国でも有名な陶器の町。コロナの影響でR2年春の中止となりましたが、毎年2回開催される『陶器市』は益子焼をはじめ全国から陶芸等の作家さん(500店以上)が参加される1966年より続く歴史あるイベントです。
コロナが終息し秋には開催される『益子陶器市』へ是非、行ってみてください。


益子陶器市
↓↓↓
http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

高根沢町の住まい 地盤補強工事

house-K〈高根沢町の住まい〉
地盤補強工事
土地購入前より想定していた軟弱地盤。工事着手前に地盤調査をした所思ったより軟弱では無かったもののやはり地盤補強の必要有りと判定。
土質、支持地盤深度などより補強工事会社より提案いただいた“ピュアパイル工法”を採用。
セメントミルクにて柱体を築造する杭状地盤補強工法。
何点か思いつく懸念事項を補強工事会社社長に質問した所、全て明確に即答いただき納得の施工をしていただきました。
コスト、施工性、目的、建替え時の将来性共に良い地盤補強工事です。
良い職人さんに出会得、良い施工精度があっての良工法です。その点も感謝!


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

高根沢町の住まい 丁張り

本日着工。高根沢町の住宅街に建つ住まい〈house-K〉
家族の繋がりを大切にしつつ、御主人はスポーツ系、奥様は物造り系と別々の趣味を持つ御夫婦がそれぞれの空間で趣味を楽しむ事のできる空間を設け、“切替え”と“寛ぎ”について問いてみた住まいです。
本日は、建物を建てる前に杭や板を使い地面に建物の配置や形、高さを示す為の仮設工作物(丁張り)設置の立ち会いをして来ました。
敷地の一番良い所(方向)は何処かを考え設計する為、敷地に対して変形した丁張が完成することもしばしば!この変形が気持ち良い空間になるんです!完成が楽しみです!


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

笠間市の店舗併用住宅

本日は、菓子製造業の営業許可申請の為、昨年7月にお引き渡しさせていただいた笠間市の店舗併用住宅house-KSにお邪魔。
引渡し以降に外構工事業を営む施主さん施工のポーチ、デッキ、植栽、その他外構が少しずつ出来上がり、より素敵な住まいへと変化しておりました。
笠間市の有名店“R.hana…”が先月でcloseし、来月より焼き菓子店にてopen。
緩やかな丘の上に建ち、益子の山々が窓に映る、ゆっくりとした時が流れる心地よいお店が完成しました。
また一店舗、素敵なお店に関わる事ができました。感謝!
来月のopenが楽しみです。

○外部仕上
店舗入口:イギリス製アンティークドア
外壁:レッドシダーシダーシングル/樹脂モルタル


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

高根沢町の住まい 地鎮祭

R2年3月10日大安
高根沢町にて地鎮祭。

お問合せいただき、土地探しからスタートしたのは約2年半前。
雨の中「雨降って地固まる!」なんつって〜めでたく地鎮祭を迎えました。
“意匠と性能の両立”を目指しG2仕様(断熱性能の指標)の住まいが年内完成予定で着工します。


design+inshulation+passive design
http:souemon.net