保健所の検査 『チンカラホイ』

居酒屋さん改修工事の現場では、本日無事に保健所の検査を合格と共に工事も完了いたしました。今月20日open予定のお店は何ともカワイイ店名『チンカラホイ』!お店のキャッチコピーは “酒ト肴、序デニ、ラムチョップ” …ついでにラムチョップっ!ラムチョップが美味いのか…?メニュー表の作成はまだのようで何が食べれるかは不明ですが、“ラムチョップ”は食べれそうです!今晩から店主さんopen準備、頑張ってください。20日のopen楽しみです。場所:宇都宮市本町 本町第2ビル1F


design+inshulation+passive design
http://souemon.net

三和土 視察

先日の日曜日は、息子が実家にお泊りにて、久しぶりに妻と2人の時間を過ごしました。朝食後、庭の草むしり→仕事→昼食。午後は、妻と益子をプラプラデート。デート中にギャラリーやカフェを併設する陶器店“もえぎ本店”に寄り“三和土(たたき)”空間を視察。只今設計中の施主様と先日の打合せにて、“三和土”もいいね!っとの事で、実際の空間を偵察に。アプローチから吹抜けの三和土空間、その奥に続く階段上の大きな窓から見える林など計画された素敵な空間に施工されていた派手ではないが、圧倒的素敵質感の三和土を偵察し感化を受けた日曜日でした。

三和土(たたき):古くから日本の住宅に用いられてきた土間の床に使われ、「敲き土(たたきつち)」の略で、赤土・砂利などに消石灰とにがりを混ぜて練り、塗って敲き固めた素材。3種類の材料を混ぜ合わせることから「三和土」と書く。(インターネットより抜粋)


design+inshulation+passive design
http://souemon.net

本日着工 居酒屋改装工事

宇都宮市内で本日より居酒屋さんの改装工事がスタートしました。カウンター席とテーブル1席の7坪の店舗の改装で、厨房機器の入れ替えと内装を美装する工事を行います。工事終了後、新たに保健所の検査を受け、許可取得後、OPENは9月半ばを予定とのこと。完成したらメニューなどをリポートし、UPいたします。時期的に“残暑払い”と言った時期でしょうか!あぁ〜もぉ〜居酒屋さんの工事をさせていただいたら、いっぱい行かなくてはいけないじゃないですか〜(^^)不本意だなぁ〜


http://souemon.net
design+inshulation+passivedesign

芳賀町の住宅

芳賀町の住宅。今月上棟した大工さんの自邸!勾配天井の大きな吹き抜け空間がいい感じです。とても若い大工さん、施工が早いっ!先日、住宅瑕疵保険の保険会社による躯体検査を無事合格しましたので、益々スピードUPしそうです。
新築住宅は、「住宅瑕疵担保履行法」という法律により住宅専門の保険に加入する事が義務づけられているため、工事中に保険会社の検査を何度か受けて合格しなくてはなりません。その加入した保険により新築住宅は10年間、“構造耐力上主要な部分”と“雨水の侵入を防止する部分”を保証されます。詳しくは→まんがでわかる「住宅瑕疵担保履行法」


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

地元のお祭り 宮祭り!

毎年、8月1週目の土日は、地元最大のお祭り“宮祭り”。我らが神輿は提灯神輿“暴れ梵天”大量の提灯を輝かせ夏の夜を大暴れする“暴れ梵天”には、大量のバッテリーを搭載。マジ重いっ暴れ梵天!
今年は、若い担ぎ手が多くいつも以上に暑い夏夜を暴れてやりました!
っと!言うことで毎年8月2週目月曜は、あちこち体が痛んでヒーヒーの仕事スタートです。
祭りって神輿担いでワッショイワッショイの派手な部分だけでは無く、多くの準備があり成り立ってます。その多くの準備は大変です。町内単位でも、おっちゃん、おばちゃんが総出で祭りの前の週から神輿を組み立て、当日も朝早くから準備を行います。
長く続いてきた祭りを存続するのは大変なことで、町内の人達の損得抜きのコミュニティーよって成り立っていてる。コレをやったら何かもらえる!とかでは無く!“しゃ〜ない”とか“決まりだから”とかの利害無しの曖昧なことで成り立っている。多分、“めんどくさい”って思っている人もいるだろうけど、“しゃ〜ない”って、事で成り立っていたりするだろう(^^)。言葉にすると何とも言い表せないこの曖昧な関係って大切な事ですよね。って何だか答えのわからない事を思いつつ、地元の行事には、出来る限り見学者ではなく関係者でいたいと思った祭りの夜でした。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

ワークショップの準備

昨日は、子供向けワークショップの準備をする中で、初めてフォークリフトを運転しました。作業する場所を確保する為に止まっていたフォークリフトを移動させただけなのですが、めっちゃ面白かったです。やはり乗り物は男のロマン!なんてね…

でっ!何のワークショップの準備していたかといいますと、建築士仲間7人で“C+”(シータス)という名前で、建築現場で出た木廃材を利用したワークショップやお菓子の街を作り子供達へ“建築士”という職業を知ってもらおうという想いで活動しておりまして、昨日の準備は、毎年お盆時期に“アピタ足利店”で開催している『あそびのひろば』に出店する下準備を行いました。今回のワークショップは、鏡の付いた木目を活かしたホワイトボード“鏡付きスタンドボード”を作ります。


8月11日(土)AM10:00〜PM3:00
アピタ足利店 1Fコム広場


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

TV収録 house-ST-C

 90年前のヴィンテージ歯科医院コンバージョン物件 house-ST-C が関西のTV番組『住人十色』にて紹介されることになり収録にお邪魔して参りました。“住人十色”は松尾貴史さんと三船美佳さんが、スタジオMCを務めるMBSテレビの長寿番組で、昨日は、“アルコ&ピースの平子さんが現場リポーターとして来てくださいました。

とても気さくに話してくださる大柄なイケメンさんに今まで以上にファンになりました!放送は9月15日土曜日17時からの予定ですが、関東では放送されず…残念です。しかしっ!番組ホームページ内にて、放送の9月15日から9月22日まで“無料見逃し配信はこちら”からいつでも見れますので、お時間ありましたら見てみてください。


http://souemon.net
design+inshulation+passive desig

造作植木鉢を造る

宇都宮市の店舗改修工事の現場では内部に樹形の大きい観葉植物をディスプレイする計画でしたが、樹形を取ると高さが足らなかったり、予算が合わなかったり…はてはて…そこで、依頼していた花屋さんと相談した結果、木で植木鉢を作成し、高さを確保することにしました。材料は一二三と言われる30×40の棒材と二分三と言われる厚み7ミリの杉材で作成。樹形、高さ、佇まい、全て良いバランスに仕上がったと思います。
植物はシェフレラ。横に広がるこんな樹形のものがあるんですね。やはり頼りになるいつもの花屋さんでした。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

北側道路の敷地展

昨日10日より16日まで、宇都宮市南図書館ギャラリースペースにてハピケン展開催中です。
 今回の展示内容は、各々の事例等を展示した個人ブースの他に、一般的に良い条件とされにくい“北側道路の敷地”についてハピケンメンバー7人が考える模型の街並みを展示いたしました。


“南隣地が有り日当たりが悪
い…”“眺めも良くない…”そんなイメージを持たれる北側道路の敷地でも、その敷地の個性と捉えれば、安価に土地が購入でき、建物に予算が回せるかも!です。私達設計士は、その土地のクセを見極めて、住まいてさんの理想の暮らしを実現すべくアイディアを出すことが出来ます。

そんな敷地の個性に対して、7人のメンバーそれぞれが出したアイディアの一例を是非見に来てください。


宇都宮市南図書館
〒321-0121

栃木県宇都宮市雀宮町56-1
028-653-7609


http:souemon.net
design+inshulation+passive design