ワークショップの準備

昨日は、子供向けワークショップの準備をする中で、初めてフォークリフトを運転しました。作業する場所を確保する為に止まっていたフォークリフトを移動させただけなのですが、めっちゃ面白かったです。やはり乗り物は男のロマン!なんてね…

でっ!何のワークショップの準備していたかといいますと、建築士仲間7人で“C+”(シータス)という名前で、建築現場で出た木廃材を利用したワークショップやお菓子の街を作り子供達へ“建築士”という職業を知ってもらおうという想いで活動しておりまして、昨日の準備は、毎年お盆時期に“アピタ足利店”で開催している『あそびのひろば』に出店する下準備を行いました。今回のワークショップは、鏡の付いた木目を活かしたホワイトボード“鏡付きスタンドボード”を作ります。


8月11日(土)AM10:00〜PM3:00
アピタ足利店 1Fコム広場


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

北側道路の敷地展

昨日10日より16日まで、宇都宮市南図書館ギャラリースペースにてハピケン展開催中です。
 今回の展示内容は、各々の事例等を展示した個人ブースの他に、一般的に良い条件とされにくい“北側道路の敷地”についてハピケンメンバー7人が考える模型の街並みを展示いたしました。


“南隣地が有り日当たりが悪
い…”“眺めも良くない…”そんなイメージを持たれる北側道路の敷地でも、その敷地の個性と捉えれば、安価に土地が購入でき、建物に予算が回せるかも!です。私達設計士は、その土地のクセを見極めて、住まいてさんの理想の暮らしを実現すべくアイディアを出すことが出来ます。

そんな敷地の個性に対して、7人のメンバーそれぞれが出したアイディアの一例を是非見に来てください。


宇都宮市南図書館
〒321-0121

栃木県宇都宮市雀宮町56-1
028-653-7609


http:souemon.net
design+inshulation+passive design

世界の安藤が言っていた!

意匠と性能とパッシブデザイン…
世界の安藤忠雄氏のインタビュー記事から抜粋…
“住まいというのは、そこに住む人にとっていい住まいであるかどうかが重要で、その基準は人によって違います。そのために徹底的に話し合いを行っているので、いくら私が設計したものであっても、そこへ住みたいかと言われると、それはまた別問題です。

(略)… 使いやすいだけが建築ではありません。便利で快適で美しい家ならばハウスメーカーがいい仕事をしています。きれいですし、機能的にできているし、まったく問題ない。私がつくるものは問題ばかりかもしれないけど、この問題が面白いんです。
(略)… 不便さが時に、豊かな個性と感じられることがあるわけです。
そんなふうに人間の心が動いていく場所をつくるのが、私の仕事だと思っています。”

やはり世界の安藤は素敵なこといいますね(^^)

そうなんですよね!
完全フルオーダーの住まいをそこに住まう人専用で造っているので、そこに住む人にとっていい住まいなんです。
安藤氏よりは、尖っておりませんが、そんな尖った住まいを設計しております栃木・埼玉の建築家8組の集まりで『ハピケン展』を開催しており、19日日曜日はちょっぴり尖った8タイトルの住まいづくりセミナーを行いますので、是非遊びにいらしてください。


会場:宇都宮市南図書館ギャラリースペース
日程及び時間:14日〜19日 10:00〜17:00
19日日曜日はセミナーを開催いたします。




design+inshulation+passive design
栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

“薄い屋根”って大丈夫?

意匠と性能とパッシブデザイン…

11月14日から19日まで宇都宮市立南図書館イベントスペースにて建築展『ハピケン展』を開催いたします。

イベント最終日19日に開催いたします参加建築家8人が考える住まいづくりへの想いを話すセミナー『ハピイエ塾』にて、私は11:30〜『薄い屋根と暮らしの文化』というタイトルで、“住まいは快適であるべきで、美しくあるべき!” との想いを過去の事例を元に話をさせていただくのですが、“薄い屋根” って大丈夫なの?とよく聞かれる事があります。

雨音などがうるさいのでは?
断熱性能は…夏暑い? 冬寒い?
壊れないの?

勿論大丈夫です!
当事務所の “薄い屋根” は薄く見せるように工夫し、薄く見せているだけで、他のどこの家よりも太い材で作っているんです。
断熱性能も上記と同じで、世の中の断熱材で、多分1番に高性能な断熱材を通気問題など作り方に一工夫凝らして、たっぷり入れていますので、暑くも寒くもないのです。

そんな “薄い屋根” は、私が考える住まいづくりへの想いである“住まいは快適であるべきで、美しくあるべき!” の一つの例でして、このような “意匠と性能の両立” に拘りを持ちながら日々設計に取組んでおります。

だって!屋根…薄い方が綺麗じゃないですか〜


〈cafe miu〉


〈house-ST-C〉


〈house-TK-R〉

勿論、空間構成も大切にしておりますよ(^^)

11月19日は、宇都宮市立南図書館にてお待ちしております。
他に当番がありまして、11月16日は、13:00〜17:00まで詰めておりますので、是非遊びにいらしてください。


栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

『薄い屋根と暮らしの文化』

意匠と性能とパシッブデザイン…

 

今月14日から19日まで、栃木と埼玉のハッピーな家を建てる建築家集団 “ハピケン” のイベント 『ハピケン展』を宇都宮市立南図書館イベントスペースにて開催いたします。

最終日19日は、8組の建築家それぞれの考える住まいづくりへの想いを話すセミナー 『ハピイエ塾』を開催いたします。

そんな ハピイエ塾にて私は、“住まいは快適であるべきで、美しくあるべき!”との考えから、『薄い屋根と暮らしの文化』というタイトルで、性能と意匠の両立について過去の事例を元に話しをさせていただこうと思います。

タイトルに出てくる “薄い屋根” とは、私が意匠的に重視している “美” の一例としてクローズアップしてみました。

他のメンバーのセミナーもそれぞれの色があり、住まいづくりのヒントが見つかると思いますので、是非遊びにいらしてください。


〈house-UT〉


〈house-HT〉


〈house-AKM〉


栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net