現場進捗状況

笠間市の住まいhouse-KS
外部、樹脂モルタルとシダーシングルが素敵な佇まいに仕上がりました。
内部、鉄骨階段が取付き残すは左官工事等の仕上工事です。

宇都宮市の店舗工事
大工工事が半分終了し、大型の厨房機器と輸入アンティークドアの搬入待ち。
7月末open予定。ムフフ…楽しみにしていてください。

腰葺き屋根の平屋の住まい〈リノベーション〉house-WT-R
雨のため基礎工事足踏み。
スパン7.7mの鉄骨梁にて大空間のLDKを計画。これでもかと既存柱を撤去です。勿論構造計算にて安全確認です。

伝建地区内の江戸時代の土蔵
基礎工事着工。
先週末に土間コンクリート打設。

来月、L字型のコートハウスhouse-Mが着工。

などなど他に新築図面が…
少々バタバタしていますが、計画内!
楽しく仕事をさせていただいている日々です。

今週末は、栃木市嘉右衛門町にて『かえもんダダダ!』です。
駄菓子の…ゆる〜いイベントです!
どなたでも是非遊びにいらしてください。
詳しくは↓↓↓
かえもんダダダ

 


design+inshulation+passivedesign
http:souemon.net

 

造作キッチンってどうなのよ?? 6月23日

 設計事務所大好き造作キッチンってどうなの???良く雑誌で見かける木で造った箱にペラっとしたステンレスの天板が載った造作キッチン…

カッコは良いけど使いづらくないの…?
水は溢れない…?
木の箱はすぐ汚れるでしょう…!

なぁ〜んて思った事ないですか?

システムキッチンならショールームに行けば実物が見れますが、造作キッチンって雑誌などの2Dの世界でしかなかなか見れませんよね。そんな造作キッチンを体験できるイベントを今週末6月23日に開催します!

巷で噂の造作キッチンの真相はいかに…!
憧れの造作キッチンに御興味ありましたら是非遊びにいらしてください。

また、築約1年が過ぎた会場のモデルハウスは自然素材だらけ…本物の木はどれくらい反ったり傷がつくのか?漆喰の白い壁はどれくらい汚れるのか?壁にヒビは入っているの?

なぁ〜んて!新築のopen houseではわからない事も…自然素材の良い所、悪い所も観てみてください。

当日は、他に家づくりに役立つセミナーや企画展“100㎡に住む”なども同時開催です。

Hapiken Fiesta
日時:2019年6月23日 10:00〜17:00
場所:ハピケンモデルハウス(宇都宮越戸郵便局すぐ)
お問合せ:028-661-0502


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

7つの100㎡

 5月21日(火)〜5月26日(日)まで宇都宮南図書館ギャラリーにて『ハピケン展』開催。

 メンバー共通展示にて『1つの敷地。1つの家族。100㎡の住まい。』を展示しております。
敷地や諸条件を同じく設定しての7人それぞれの“解”を観に遊びに来てください。

 今回は、メンバー全員で工事価格を予想し表示してみました(^^)
おいおいっそんな価格でできるのか…そんなに高いのか!何が高いのか!設計コンセプトなどなど…当番が常駐しておりますので、写真ではわからない事を聴いてみてください。



design+inshulation+passive design
http:souemon.net

100㎡の家。7つの住まい。

 来週5月21日(火)〜26日(日)まで宇都宮南図書館ギャラリースペースにて、設計事務所の仲間(ハピケン)と『ハピケン展』なる建築展を開催いたします。
 建築展の内容は、写真や図面、模型などの各自事例を展示する個人ブースと7人共通のテーマで制作した住まい案を模型とパネルで展示する共通展示があります。今回の共通展示は、同一敷地に各自100㎡以内の住まいの提案『100㎡の家。7つの住まい。』です。
 ごく一般的な敷地に、100㎡といった現実的なボリュームの住まいを設計事務所ならではの“解”で提案!個性が光る7つの住まいの展示は、おもしろそうですね!
 私の作業はまだまだ!頭の中と少々のスケッチのみですが、100㎡ってなかなかコンパクトですよね。どうせコンパクトならとことんコンパクトに最低限の住まいを考えてみます。
一つの部屋の最小単位を2.73m×2.73mの大きさとし、その箱(部屋)を敷地状況を読み取りながら組み合わせていく。組み合わせていく中で生じる隙間に人の流れを組み込んで空間を造り、住まいにして行きます。2.73m×2.73mの箱の集まりがどんな住まいになるか是非遊びにいらしてください。


宇都宮南図書館


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

花屋 J 現る!

   先日の土曜日は、建築業者と消費者のマッチングイベント“Uchimise博覧会”なるイベントに設計事務所仲間〈ハピケン〉と出店して参りました。
 どうせ出店するなら!ブースも整えねばならぬという事で、メンバーである小林設計所の小林さんと2人でえっちらおっちら…木材ギコギコ…電ドルギュルルっと!木の細いフレームのみで“リビングスペース”を演出したく、先々週から休日返上で部材加工いたしました。
 イベント前夜に会場で空間を組み上げた所で“庭師 ”の登場っ!(空間組み上げ時は大工Jでした)全体の空間を見てスペースを探し“花屋  ”の私物の観葉植物が配置された後は、やはり自前のドライフラーをその場で麻縄を使い程よい長さのボリュームでまとめ上げ空間へ配置していく“”!
彼女は何者???

 “花屋  ”の力を借り我々のブースはとても良い空間に仕上がりました。
 イベント自体も住まいづくりを御検討している方達が来場され多くの方達と住まいづくりの話ができとても楽しい一日でした。
ブースへ立ち寄ってくださった多くの皆様ありがとうございました。
 イベント終了後“花屋  ”は“大工  ”へ姿を変え、片付けを仕切っておりました…恐るべしスーパーウーマン“”!

君島建築の社長夫人


design+inshulation+passive design
http://souemon.net

Uchimise博覧会 2月23日

 2月23日(土)にマロニエプラザ大展示場で開催される工務店と消費者のマッチングイベント“Uchimise博覧会”にハピケンメンバーで出店いたします。
県内の有力な工務店が集まる中、設計事務所集団である“ハピケン”は工務店との違いを見せる事ができるのかっ!乞うご期待って事で、2月23日(土)はマロニエプラザにてお待ちしております。

23日(土)はあいにくの雨予報ですが、会場内には、照明、家具、木工、食器などの住まいに密接した作家ブースや県内人気の飲食店ブースも出店しますので、色々な工務店と住まいのお話をしながら、食事をしたりティータイムしたり、ゆっくりと時間の流れる休日をUchimise博覧会で過ごしてみてはいかがでしょうか。


マロニエプラザ
栃木県宇都宮市元今泉6-1-37


design+inshulation+passive design
http://souemon.net

ワークショップの準備

昨日は、子供向けワークショップの準備をする中で、初めてフォークリフトを運転しました。作業する場所を確保する為に止まっていたフォークリフトを移動させただけなのですが、めっちゃ面白かったです。やはり乗り物は男のロマン!なんてね…

でっ!何のワークショップの準備していたかといいますと、建築士仲間7人で“C+”(シータス)という名前で、建築現場で出た木廃材を利用したワークショップやお菓子の街を作り子供達へ“建築士”という職業を知ってもらおうという想いで活動しておりまして、昨日の準備は、毎年お盆時期に“アピタ足利店”で開催している『あそびのひろば』に出店する下準備を行いました。今回のワークショップは、鏡の付いた木目を活かしたホワイトボード“鏡付きスタンドボード”を作ります。


8月11日(土)AM10:00〜PM3:00
アピタ足利店 1Fコム広場


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

北側道路の敷地展

昨日10日より16日まで、宇都宮市南図書館ギャラリースペースにてハピケン展開催中です。
 今回の展示内容は、各々の事例等を展示した個人ブースの他に、一般的に良い条件とされにくい“北側道路の敷地”についてハピケンメンバー7人が考える模型の街並みを展示いたしました。


“南隣地が有り日当たりが悪
い…”“眺めも良くない…”そんなイメージを持たれる北側道路の敷地でも、その敷地の個性と捉えれば、安価に土地が購入でき、建物に予算が回せるかも!です。私達設計士は、その土地のクセを見極めて、住まいてさんの理想の暮らしを実現すべくアイディアを出すことが出来ます。

そんな敷地の個性に対して、7人のメンバーそれぞれが出したアイディアの一例を是非見に来てください。


宇都宮市南図書館
〒321-0121

栃木県宇都宮市雀宮町56-1
028-653-7609


http:souemon.net
design+inshulation+passive design

世界の安藤が言っていた!

意匠と性能とパッシブデザイン…
世界の安藤忠雄氏のインタビュー記事から抜粋…
“住まいというのは、そこに住む人にとっていい住まいであるかどうかが重要で、その基準は人によって違います。そのために徹底的に話し合いを行っているので、いくら私が設計したものであっても、そこへ住みたいかと言われると、それはまた別問題です。

(略)… 使いやすいだけが建築ではありません。便利で快適で美しい家ならばハウスメーカーがいい仕事をしています。きれいですし、機能的にできているし、まったく問題ない。私がつくるものは問題ばかりかもしれないけど、この問題が面白いんです。
(略)… 不便さが時に、豊かな個性と感じられることがあるわけです。
そんなふうに人間の心が動いていく場所をつくるのが、私の仕事だと思っています。”

やはり世界の安藤は素敵なこといいますね(^^)

そうなんですよね!
完全フルオーダーの住まいをそこに住まう人専用で造っているので、そこに住む人にとっていい住まいなんです。
安藤氏よりは、尖っておりませんが、そんな尖った住まいを設計しております栃木・埼玉の建築家8組の集まりで『ハピケン展』を開催しており、19日日曜日はちょっぴり尖った8タイトルの住まいづくりセミナーを行いますので、是非遊びにいらしてください。


会場:宇都宮市南図書館ギャラリースペース
日程及び時間:14日〜19日 10:00〜17:00
19日日曜日はセミナーを開催いたします。




design+inshulation+passive design
栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

“薄い屋根”って大丈夫?

意匠と性能とパッシブデザイン…

11月14日から19日まで宇都宮市立南図書館イベントスペースにて建築展『ハピケン展』を開催いたします。

イベント最終日19日に開催いたします参加建築家8人が考える住まいづくりへの想いを話すセミナー『ハピイエ塾』にて、私は11:30〜『薄い屋根と暮らしの文化』というタイトルで、“住まいは快適であるべきで、美しくあるべき!” との想いを過去の事例を元に話をさせていただくのですが、“薄い屋根” って大丈夫なの?とよく聞かれる事があります。

雨音などがうるさいのでは?
断熱性能は…夏暑い? 冬寒い?
壊れないの?

勿論大丈夫です!
当事務所の “薄い屋根” は薄く見せるように工夫し、薄く見せているだけで、他のどこの家よりも太い材で作っているんです。
断熱性能も上記と同じで、世の中の断熱材で、多分1番に高性能な断熱材を通気問題など作り方に一工夫凝らして、たっぷり入れていますので、暑くも寒くもないのです。

そんな “薄い屋根” は、私が考える住まいづくりへの想いである“住まいは快適であるべきで、美しくあるべき!” の一つの例でして、このような “意匠と性能の両立” に拘りを持ちながら日々設計に取組んでおります。

だって!屋根…薄い方が綺麗じゃないですか〜


〈cafe miu〉


〈house-ST-C〉


〈house-TK-R〉

勿論、空間構成も大切にしておりますよ(^^)

11月19日は、宇都宮市立南図書館にてお待ちしております。
他に当番がありまして、11月16日は、13:00〜17:00まで詰めておりますので、是非遊びにいらしてください。


栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net