大手メーカーのカレンダー〈宇都宮市の住宅〉

2018年のカレンダーに採用していただきました。2017年5月に完成しましたL字型の住まいhouse-AKMが、使用した内装材メーカーのカレンダーに採用していただきました。とても嬉しい出来事です。
使用させていただいた内装材は、株式会社Planet Japanのフェザーフィール。粒子の細かな大理石と天然の接着剤を主成分とした塗壁材。調湿効果、防臭効果、防カビ効果、耐火性を持つ、天然素材で構成された材料です。下地にドイツ製の紙下地KOBAUを合わせて使うことで、クラック(ヒビ割れ)を防ぎます。
株式会社 Planet Japan


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

北側の窓〈古河市の住宅〉

北側窓の注意点。古河市の住宅 house-F-R〈リノベーション〉は、とても大きな平屋の物件、屋根はそのまま残す条件のリノベーション。北側の部屋に採光を確保するため大きな窓を設置する計画にしました。北側の窓から入る光は、間接光のため、晴れの日も、曇の日もほぼ同じ明るさを確保出来ます。夏の日射遮蔽もあまり気にしなくて良いですし、北側の大きな窓っていいですよ。注意点は、冷えやすいので、間取り次第では結露しやすくなります。窓を横に繋ぐ連窓はいいですが、縦に繋ぐ段窓だけは、メーカーの段窓セットは、絶対にダメです。そこが必ず結露します!当物件のように木材で下地を作ってからの施工が良いです。意匠的にも綺麗ですよ。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

鉄骨階段・宇都宮市の住宅

鉄骨と木を組合せた house-W-C の階段です。周りの建具と調和を考え艶消しブラックに塗装した鉄骨部分とBRIWAXのラスティックパインで塗装された木部が綺麗な階段です。スッキリさの中に少々無骨さもあり、こちらの家にピッタリの階段になりました。大きな吹抜空間にある鉄骨階段って、大好きな組み合わせの一つです。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

住宅に古建具を再利用

古道具店を、フラフラしているのって、楽しくないですか?
古民家再生の記事や空き家を利用したカフェ、ヴィンテージハウスの特集本、古道具店などを見ていると素敵な趣のある建具などをよく目にします。そんな趣ある素敵な建具を住まいへ取り込んでみました。古建具は、実際の寸法より小さい方が加工は容易ですが、サイズ加工が可能なので、現場の寸法と違っていても問題ありません。だいたいの古道具店って取り置きしておいてくれますので、早めに選んでおくといいですね。写真は栃木市のヴィンテージ住宅 house-ST-C の玄関ホールです。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

奇跡の一品!流石made in JP

“ジリリリリ〜♪”っとなる呼び鈴。栃木市のヴィンテージ住宅 house-ST-C に呼び鈴の不具合調整に電気工事のM氏とお邪魔して参りました。取付けた輸入品のゴングベルが、製品的にイマイチ!5割の確立で音が鳴らず、原因を突き止めた結果、造り的に改善の見込みが無く諦めかけた時…施主様“ピンときちゃいました!”改修工事以前よりこの家の2階の片隅に、ひっそりとオブジェのように存在していたゴングベルです!50年…60年…何年使っていないかわからないので、果たして動くのか…電圧はどのくらい…などなど…M氏の試行錯誤の結果、何とも素敵な金属音の “ジリリリリ〜♪” 音色・色合い・形状、全てにおいて100点満点のヴィンテージベルです。電圧によって音色が違うこと、電圧が大きいと火花が出ることなど、適切な電圧も取付け方法もわかりましたので、ヴィンテージゴングベルのご相談ありましたらおまちしております。やはり日本製ってすごいですね。〈写真は仮付です。〉


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

住宅2軒、本に掲載

昨日発売になりました『マンガ背景テクニック』なるハウツ―本で、住宅の外観モデルとして“house-HT”、和室のモデルとして“house-TK-R”、2軒をコラボさせていただきました。事務所名もバッチリ載せていただきまして、何とも嬉しい出来事です。
製作者:有限会社Imagination Creative
http://imagination-power.asia


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

女性3人と楽しい一時の巻き

本日は、事務所が綺麗に片付いております。理由は…昨日、Recruitの取材班がとある取材で事務所にお越しくださるとのことで念入りに掃除を済ませた為。女性が3人で取材に来てくださり、女性に囲まれた楽しい一時を過ごさせていただきました。
写真の照明は、フランスの建築家/デザイナーであるジャン・プルーヴェの“ポテンス ウォールランプ”小さいながら存在感のある素敵な照明です。


http://suemon.net
design+inshulation+passive design

 

ちょっとした非日常

意匠と性能とパッシブデザイン…

先日の日曜日は、急遽思いつき、テラスに杉板を並べただけの即席テーブルを広げ、ホットプレートでの焼きそば昼食!用意に5分!片付け10分のちょっとした手間で、息子も大喜びで、父の楽しさも多分アピールできた良い閃きだったと思いました。

ちょっとの手間で非日常って味わえるんですね!炭では無くホットプレートってところが手軽で良かったです!

そして、テラスっていろいろな用途に使えて便利なスペースだとっ!実感した楽しい昼食でした。

design+inshulation+passive design
栃木県宇都宮市設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

平屋の住まい現場状況

意匠と性能とパッシブデザイン…

美容室を持つ2世帯住宅のリノベーション物件
house-F-R では、新しい間仕切りに不要な柱を撤去するために、大きな補強梁を施工いたしました。


〈施工された補強梁〉

〈施工状況〉
大工のH親子は、長さ3.6mの縦36センチ×幅12センチの梁を2人で設置しておりました。凄いですっ!
写真は、設置した梁と柱を抜け落ちないようにボルトで繋いでいる様子です。



〈サッシ搬入・取付〉
現場にはサッシも搬入され、取付準備中です。


〈南面外観〉
大開口の引込み戸が取付けられた南面。
ドッシリとした入り母屋屋根が綺麗な“和”の佇まいで、益々完成が楽しみになって参りました。

design+inshulation+passive design
栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

世界の安藤が言っていた!

意匠と性能とパッシブデザイン…
世界の安藤忠雄氏のインタビュー記事から抜粋…
“住まいというのは、そこに住む人にとっていい住まいであるかどうかが重要で、その基準は人によって違います。そのために徹底的に話し合いを行っているので、いくら私が設計したものであっても、そこへ住みたいかと言われると、それはまた別問題です。

(略)… 使いやすいだけが建築ではありません。便利で快適で美しい家ならばハウスメーカーがいい仕事をしています。きれいですし、機能的にできているし、まったく問題ない。私がつくるものは問題ばかりかもしれないけど、この問題が面白いんです。
(略)… 不便さが時に、豊かな個性と感じられることがあるわけです。
そんなふうに人間の心が動いていく場所をつくるのが、私の仕事だと思っています。”

やはり世界の安藤は素敵なこといいますね(^^)

そうなんですよね!
完全フルオーダーの住まいをそこに住まう人専用で造っているので、そこに住む人にとっていい住まいなんです。
安藤氏よりは、尖っておりませんが、そんな尖った住まいを設計しております栃木・埼玉の建築家8組の集まりで『ハピケン展』を開催しており、19日日曜日はちょっぴり尖った8タイトルの住まいづくりセミナーを行いますので、是非遊びにいらしてください。


会場:宇都宮市南図書館ギャラリースペース
日程及び時間:14日〜19日 10:00〜17:00
19日日曜日はセミナーを開催いたします。




design+inshulation+passive design
栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net