居場所をつくる〜土間〈宇都宮市の住宅〉

大きな土間空間。
玄関、リビング、中庭に面して設けた土間空間は、ちょっとした書物をしたり、アウトドアグッズのメンテナンスをしたり、家事作業をしたりと多様な使い方の出来る空間です。またリビングと中庭が、繋がっているので、友人達を招いてのBBQやパーティーにも対応できますね。内部なのに土足の空間って夜も何か素敵な使い方ができそうですね。写真は宇都宮市の住宅house-AKM


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

居場所をつくる〈宇都宮市の住宅〉

木造宇宙戦艦の艦長席…。
階段を登ると、吹抜リビングの上に大きな本棚とカウンターテーブルを設置した家族が多様に使用出来る書斎スペースを設けました。LDKと同じこの空間であれば、改めて空調ONの必要もなく、作業スペースを移動出来ます。急な来客、他の家族との別作業、気分転換など、家族の存在を感じつつ、声の届く程よい距離感を保てる遊び心のあるスペースになりました。景色も見えるこの高い席に座ると家全体、他の家族の動きが把握で、アニメに出てくる宇宙戦艦の司令官になったようで楽しいですよ。このような空間を造る時は、必ず断熱性能を上げておかなくてはなりませんね。写真は宇都宮市の住宅house-AKM


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

おかしのまちin佐野短期大学1017冬

本日は、佐野短期大学とのコラボ企画『おかしのまち2017冬』にて子供達へお菓子の家を造ることを通し、設計事務所の仕事を体験していただきました。色鉛筆を使い図面を作成⇒確認申請⇒お菓子の家建設⇒完了検査など設計事務所の業務を一通り行っていただき、完成した個性豊かな家を傾斜のある敷地に並べておかしの街の完成です。子供達の真剣な顔、それを見ているお母さん達の笑顔、また、他業界の短大生との交流など、大成功のとても楽しいイベントになりました。また来年も開催したいと思います。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

 

栃木県建築士会支部会議

昨日は、所属する建築士会の支部幹事会の中で、来年行われる『関東ブロック大会栃木大会』の大会構成とご協力のお願いを大会実行委員の立場で話して参りました。平成30年6月15日と16日の2日間栃木市内を会場に、関東甲信越1都9県の45歳以下の建築士、総勢400名程度の集まる大会が行われます。栃木グランドホテルを大会の中心とし、歴史的な街並みの残る栃木市内へ出掛ける大会構成で、建築士と街の人達の交流が持てる大会にしたく考えております。“他県の人達から見た栃木市”ってどんな感じなんですかね?2日目にディスカッションを行いますので、自県、他県、お互いの立場で、何か気づきのある大会にできればと思います。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

深夜の商店街

いやぁ〜食べ過ぎだし、飲み過ぎました…
昨晩は、設計事務所の先輩達との忘年会に参加して参りました。旨い酒を飲みながら、今後のイベント方法や現場との関わり方、営業方法、雑談…雑談…と楽し過ぎな時間でした。帰り道、商店街を歩いたのは覚えているが、アレ…?どの道を通って帰って来たんだっけ?の今朝です。深夜に寝てもいつもの時間に目が覚めちゃうんですね…おじさんになった?さぁ〜今日も張り切って働きましょう!


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

階段〜手摺壁〈宇都宮市の住宅〉

ちょっと遊び心で、吹抜リビングの階段手摺壁を丸造ってみました。丸くすることで、より空間が柔らかく仕上がったと思います。汚れ防止の目的で、白いこの手摺壁には、手を触れないよう高く造り、その内側に握り用の木製手摺を設けました。他の壁と同じ漆喰で仕上げることによって空間をスッキリ、シンプルに見せる計画としました。ストリップ階段も好きですが、収納確保も出来るので、空間や状況に応じて手摺壁の階段もいいですね。写真は宇都宮市の住宅 house-AKM


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

玄関ポーチ〈古河市の住宅〉

美容室を持つ2世帯住宅のリノベーション物件 house-F-Rでは、車から住まいと店舗に雨に当たらずに内部に入りたいとの要望より、本屋根の下に深い庇を取り付ける計画としました。既存の瓦屋根との高さに気を付けながら店舗部と一体で繋がる庇を造ります。杉板の軒天と深く伸びた薄い庇の完成が楽しみです。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

モルタルの化粧台〈栃木県住宅設計〉

大好きで、よく提案させていただくモルタル製の造作化粧台。現場で造った木の下地にモルタルを塗り化粧台の天板を造ります。そこにTOTO製の病院用流しを落とし込んだだけの化粧台。安価に提供でき、見た目もコストも優れた素敵な化粧台です。モルタルなので、髪の毛の細さ程度のクラック(細いヒビ割れ)は、少々出ますが、機能的に問題はありません。お気に入りの物に囲まれる暮らしって素敵だと思います。写真は house-W-C の化粧台です。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

床は無垢材!〈栃木県住宅設計〉

やはり無垢材が大好きです。私の設計では、住まいての生活スタイルに合わせ樹種は選定しますが、無垢材の床を使用します。ほどよい硬さと温かみのある足ざわりは、ベタつきも無く、足裏からの“ヒヤっ”も少ない心地良さがあり、ひとつひとつ表情の違う木目が、時を重ねるごとに美しくなじみ、住まいてと共に経年変化を楽しめる材料です。写真は宇都宮市の住宅 house-AKM のダイニング。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design

学びの日曜日!下岡本の住宅

本日は、水野純也建築設計事務所、設計物件『風景のある家』にて、設計の水野さんとお話をさせていただく機会があり多くの事を学ばせていただきました。程よい明るさの空間構成の話、高さの取り方、トップライトの見せ方、光の絞り方など私の何で?何で?に丁寧に説明くださいました。本日、水野さんからまんだ事を、私の建築に合うように咀嚼し、取り入れられるよう悩んでみたいと思います。写真は、下岡本に建つ『風景のある家』のリビング。


http://souemon.net
design+inshulation+passive design