長期優良住宅申請準備

R6.5.8(水)[曇り]

ゴールデンウイーク前半は仕事をし、
後半は、友人家族と恒例の海キャンプに
行って参りました。

毎年、局所的大雨に見舞われ
一時テント避難になりますが、
本年は、丁度良い気温&湿度の
快適キャンプとなりました。

何度も来た海沿いの高台にあるキャンプ場、
始めに来たのは自分が小学生の時…

その時からあまり変わらない昔ながらのキャンプ場。
大人になり、自分の子供を連れて来る事になるとは、
思わなかった。

何十年も前からここに在ってくれる事に感謝。
うちの子は大きくなっても覚えているのかな…
自分の家族と来るのかな…
その時までキャンプ場あるかな…

早朝散歩にて、朝日に向かう家族の背中を見て
そんな事を思った。

今年のGW、短かったけど楽しかったな。

 


そして、昨日より業務開始。

連休前に契約させていただいた
新築住宅の長期優良住宅の申請準備。

昨今は、住宅を建てるに時に
“長期優良住宅”の認定を受ける事で
施主様が得られるメリットが多い。

例えば
・補助金
・住宅ローン控除
・所得税控除
・地震保険料の割引き
・金利引下げ
等々。

そして“長期優良住宅”は
・劣化対策
・耐震性
・維持管理・更新の容易性
・省エネルギー性
について、適合審査の結果認定され、
その建物がどんなレベルの建物かの証明になります。

=ある程度の明確な資産価値の判断基準になります。

当事務所が近年標準仕様としてきた
耐震等級3
断熱性能G2
気密性能0.5㎝2/m2以下
があるので、長期優良住宅認定はハードルも低い。

私の手間
審査時間
申請手数料
が増えるだけ…

今後の法改正も視野に入れ、
施主様のメリットも多い事から
新築住宅では、新たに標準仕様とする事にしました。

とっ!
書きつつ性能だけじゃないですね。
意匠も絶対大切。
高揚感が活動力に繋がります。

快適でお気に入りの住まいに暮らし、
onとoffのメリハリを付け生産性を上げる!

思いっきり働き、思いっきり遊ぶ…
そんな暮らしのご提案。


意匠と性能の両立した住まい…
創右衛門一級建築士事務所
https://souemon.net