G2の住まい 気密測定

本日(R2.10.8)小雨の中、高根沢町G2の住まい気密測定。
気密性能を表す相当隙間面積[C値]は、気密施工された現場に測定用機械(写真2枚目)で住宅内を負圧にし、如何に密閉された空間か隙間面積(c㎡)を測定し、その値を延床面積(㎡)で割った数値です。
C値が悪いと断熱材の性能が100%発揮されず、換気計画も成立せず、予定した住宅の性能がでません。
C値は、計算で求めたりする事ができず、実際の現場でしか測定できない建物性能で、如何に丁寧に気密施工するかがポイントになります。
本物件は、大工さん、断熱施工職方達のお力で目標のC値0.5c㎡/㎡をクリアする事ができました。
本日の気密測定で見えたブラッシュアップ箇所を今一度丁寧に補強し、よりC値の向上をめざし次の工程へ進めて行きます。
C値が目標値をクリアし、益々完成が楽しみです。


design+inshulation+passive design
https:souemon.net

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です