土壁下地の小舞竹

一週間って何曜日から始まる?カレンダーは日曜日スタートが多いですが、仕事始めの感覚からすると月曜日スタート…っと言うことで月曜日スターと考えて…

今週より江戸時代の土蔵保存修理工事の現場では土壁の下地工事、“小舞竹”の施工が始まりました。
〈写真1枚目〉
予め柱に鋸状(苆掛け)の加工や竹を差し込む穴を加工しておき、尺八竹や横竹、縦竹を棕櫚縄と藁縄を使い結び止め柱間に施工していきます。土壁をつくる下地 は、「竹」と「縄」で構成され、「縄」は細かく編んだ竹と土を密着させ、土と竹が一 体化しするのに重要な役割を果たします。“苆掛け”の刻みに全て横竹が設置されます。
〈写真2枚目〉
縦竹が格子状にならび綺麗な2階空間になりました。
床ベニヤは施工上の仮設材。


design+inshulation+passive design
http:souemon.net

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です